Nゲージ | 鉄道模型

黄色電車

Nゲージ

Nゲージの鉄道模型とは、レールの間隔が9mmで縮尺1/148-1/160の鉄道模型規格のことをさします。
この9mmのレール幅は世界共通の規格で、日本の車両はもちろん、規格が同じであれば海外製のNゲージ車両を走らせることができます。
Nゲージのほかに、1/80スケールのHOゲージや1/220スケールのZゲージなどもあります。
小形模型のうち、欧米ではHOゲージが主流だが、日本ではNゲージがもっとも普及している鉄道模型です。海外、特にアメリカではNスケールとも呼ばれます。
Nゲージは、2本のレールに電気を流すことでそこから車両は車輪を通じて電力を供給されます。
その電力でモーターを回し走行させたり、車体に取り付けられた電球ないしLEDが光ったりするというわけです。
スピード調整は電力を0~12Vでコントロールすることにより調整します。
ただ電球などに供給される電圧も変わるので明るさが変わったりする場合があります。
12Vで早く走らせることも出来ますが、モーターなどに負担がかかり車両の寿命が短くなったりする場合があるようです。
そのほかにレールや車輪が汚れることにより、抵抗となり電力が供給されずスピードが出なかったり、走らなかったりする場合もあるので、レール、車輪のクリーニングなどのメンテナンスも必要になります。
また、最近ではデジタル的に速度やポイントをコントロールする物も登場し、同じ線路内を複数台を同時に走らせることができるようになって来ています。
鉄道模型Nゲージは他の規格の鉄道模型と比べると比較的安いですが、それでも手に乗りそうな大きさの車両が1万円近くしたりします。

Nゲージ鉄道模型の購入は、ミッドナインがおすすめ

また、車両単体では走ることが出来ず、線路、電源装置などが必要になりますので、とりあえず始めてみたいという方は「KATO」の「スターターセット」などの機関車・線路・パワーパック(電源装置)・客車3両がセットになっている物から始めてみるのがいいのではないでしょうか。
それ以外にもレールとパワーパック(電源装置)のみのセットもあります。また、同じようなセットが「トミックス」からも発売されているので、好みや手に入りやすい物を選ぶのがいいと思います。
車両とレールのメーカーが違っても走らせる事が出来ますが、別メーカーのレール同士を繋げる事が出来ないので気を付けて下さい。
ただ走らせることが全てではなく精巧に出来ているので見ても楽しめるので、コレクションしたり飾ったりして楽しんでいる人もいます。
さらに模型店などでレイアウトを借りて走らせられる所もあるようです。